ウォーターサーバーと浄水器を併用するメリットについて

>

子供達が安心して飲める水です

水中で生きている動物の場合

熱帯魚は特に水質管理が重要なポイントになります。
少しでも水質が変わったり温度が高くなったり低くなったりするだけで熱帯魚は死んでしまう事が多いそうです。
特に、ここでは熱帯魚をペットとして飼っている家庭の水質管理についてまとめて見ました。

飼育方法が難しい熱帯魚に使用する水は水道水ではなく、ウォーターサーバーと浄水器を併用した水を交互に使って水槽の中の環境を整えている人もいます。
水道水をただ沸騰させただけでは完全に消毒は出来ても臭いや不純物は取り除けてはいないのです。
少し家計に余裕がある家庭は、前の記事でも紹介したように、自分達の生活にも使用しますが一緒にペットにも使用して家族の一員として健康管理をしているそうです。

犬や猫の場合

犬や猫をペットとして飼っている家庭も多いです。
通常であれば水道水をそのままの状態であげていると思いますが、それではサビ臭かったりカルキ臭さが残っているので匂いに敏感でデリケートなペットの場合だと飲まない事もあります。
それか、体調不良を起こして大きな内蔵系の病気を引き起こしてしまう事もあるそうです。

ペットにとっても水はとても大切です。
大切な家族の一員として前の記事でも紹介したように、ペットの健康管理も飼い主の大切な役目でもあるのです。
与える水もウォーターサーバーと浄水器を併用して体調管理をしてあげるだけで平均寿命よりも長く居られる場合もあります。
贅沢に聞こえるかもしれませんが、飼った以上は責任を持って世話をする事が重要です。


この記事をシェアする