ウォーターサーバーと浄水器を併用するメリットについて

>

塩素を体に取り込みたくない人も増えています

災害を想定して導入する家庭が増えています

災害時に最優先して確保しないといけないのは水です。
しかし、断水があると給水車まで何往復もしないといけなくなります。
それにいつ給水車が来るのかも分からないので飲み水の確保と言うのは最低限でも1週間分は備蓄して置かないといけないと言われています。
ですが、ウォーターサーバーがあれば断水があったとしてすぐに冷たい水やお湯を飲めます。

新鮮な水がすぐに飲めると言事もあり近年ではウォーターサーバーを家庭に導入した人も増えています。
次に浄水器ですが、最近になって持ち運びタイプの浄水器が販売されました。
なので、災害グッズの必需品としてリュックに入れて置く家庭も多くなりました。
内蔵されているフィルターを通るだけで清潔な水を飲めるそうです。

空の容器は断水時にあると便利です

ウォーターサーバーの水を飲んだ後に水が入っていない空の容器を捨てている人はいませんか?
ウォーターサーバーの空の容器は災害時に特に断水が起こった時にあると便利なのです。
大幅な断水だとすぐに復旧する事はありません。

何日も断水が続くようになるので、毎日の水を常備しているウォーターサーバーの水だけで賄うのは難しい状態にあります。
一人に対して一日に必要な水の量は約3リットルくらいになるそうです。
ペットボトルや鍋で水を保管するのも良いのですが、それでは置き場所に困ってしまいます。
ですが、空の容器であればきちんと密封されるので新鮮な状態で飲む事が出来ますし、ウォーターサーバーにセットすれな冷たい水や温かいお湯がすぐに飲めます。


この記事をシェアする